1.1秒から0.323秒、PageSpeed Insightsモバイルスコア65点から94点へ改善

表示速度は1.1秒から0.323秒まで高速化。LTE回線シミュレーションではFCPが1.258秒から0.722秒、LCPが1.992秒から0.824秒へ改善。PageSpeed Insightsモバイルスコアは65点から94点まで改善したWordPress保守管理もご依頼いただいているお客様サイト事例です。

目次

1.1秒から0.323秒まで大幅に改善(Pingdom Tools計測値)

1.1秒から0.323秒まで大幅に改善(Pingdom Tools計測値)
表示速度ページサイズ
高速化前1.11.6MB
高速化後0.3231.6MB
単位:秒

Pingdom Toolsはブロードバンド回線と同等又はそれ以上の回線速度のため一般的に自宅や会社でサイト閲覧した場合と似た表示速度が出ます。

FCPが1.258秒から0.722秒、LCPが1.992秒から0.824秒へ改善(WebPageTest計測値)

FCPが1.258秒から0.722秒、LCPが1.992秒から0.824秒へ改善(WebPageTest計測値)
単位:秒
First ByteStart RenderFCPSpeed IndexLPHLCPCLS
高速化前0.5781.21.2581.9513.71.9920
高速化後0.4110.90.9151.0483.31.1540.086
リピート表示0.4120.80.7220.9122.20.8240
単位:秒

上記WebPageTest計測においてはLTE回線をシミュレーションした結果を高速化前と後で比較しています。

PageSpeed Insights計測値(モバイルスコア)

高速化依頼前のPageSpeed Insights計測値(65点)

PageSpeed Insightsモバイルスコア65点

高速化後のPageSpeed Insights計測値(94点)

PageSpeed Insightsモバイルスコア94点

PageSpeed Insightsスコアは65点でしたがラボデータの各値の変化に気をつけながらサイト内の無駄を省き更に作業をする事で94点まで改善しました。

今回はスライダーをご利用されているサイトでしたが、Core Web Vitals評価を改善するにはなるべくファーストビューにスライダー等読込の多いコンテンツを配置しない方が良いです(デザイン上仕方ないならそのままで)。

ご利用サーバー(エックスサーバー)

今回はエックスサーバー利用サイトの高速化をご依頼いただきました。同社のキャッシュ機能は全てOFF、XアクセラレーターはVer.2を使用。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる