家具処分は数十万円かかるので粗大ごみを上手に利用しましょう

引っ越しや家の売買で家具を大量に処分するとなると、片付けだけで数十万円の費用がかかります。

皆さん実際に見積もってもらうまでそういった認識がないのか、必ず驚かれます。量にもよりますが30万円は軽くかかるでしょう。

(私は処分業ではありませんがその場に立ち会った事があるので経験談。)

人件費もまあ高いですが、意外と高いのが処分費。この処分費はほぼ実費なので値引き交渉できないです。安くしてもらえるとしたら人件費部分ですがこれも限度があります。

人に頼むという事は相当の費用がかかる事をきちんと認識しなければなりません

なので家具を処分しなければならない、処分を検討している場合は下記がおすすめです。

オークションを利用する

ヤフオクやメルカリに出品できる物、売れそうな物は早めに売ってしまいましょう。現金化できます。

ジモティーを利用する

手数料無料で近隣地域の方に有料・無料で譲ることができます。大型家電や家具等は送料が高いのでオークションよりジモティーを使った方が安く済む場合もあります。

粗大ごみを利用する

連絡してすぐ処分したい場合、買い手なんか待ってられない!という場合におすすめなのは自治体の粗大ごみです。

はっきり言って、家具処分を代行業者に依頼する費用に比べたら格段安く済みます。

ソファー、ベッド、食器棚等の大型家具は粗大ごみだと大体一つ1500円前後と非常に安いです。

10点大型家具等を処分しても15,000円程度で済むのと、処分業者に30万円払うのはどちらがお得でしょうか?

こうやって自分で極力処理を行って、どうしても退去予定日等に間に合わない、人の手を借りたいという段階で処分業者に依頼すると安く依頼できます。

ただ処分業者への依頼は日数に余裕を持って行ってください。ここが重要です。