Snow Monkeyテーマ設定をインポート・エキスポートする

Snow Monkey

WordPressテーマには専用のオプションページが用意されている場合と、カスタマイザーで全ての設定を変更する場合の2つがあります。

カスタマイザーは変更内容を事前にプレビューできる利点がありますが、オプションが多いと操作しにくいです。Snow Monkeyテーマはカスタマイザーによる変更型です。

対して管理画面内に専用設定ページがある場合は管理画面いっぱいに設定項目が表示されるため操作性は良いですがプレビューはしにくい。

さて、最近当サイトで利用しているSnow Monkeyテーマの子テーマが古くなっていたので、親テーマに一本化する事にしました。

WordPressだと一般的に子テーマ利用が推奨されますが、このテーマの場合親テーマの更新頻度が頻繁で、かつ殆どのカスタマイズをstyle.cssへ書き込まずとも変更できるため子テーマ利用を止めることにしました。

子テーマで設定されたカスタマイザー内容は親テーマへは移行されませんので、設定内容をエキスポートする必要があります。テーマによってはこのインポート・エキスポート機能まで含まれている場合がありますがSnow Monkeyには含まれません。

もし同じ様に親テーマへ一本化されたい場合は下記プラグインをインストールしご利用ください。特に設定することなく使用できます。

functions.phpへ書き込みがある方、書き込む必要がある方は下記プラグインで代用できます。