サービス終了予定のWoW!meは何故ココナラに負けたのか?

ワオミー

クラウドワークスのココナラ対抗馬だったWoW!me(ワオミー)が12月17日にサービス終了する事が先日発表されました。正直継続してほしかったですがココナラほど定着しませんでした。

手数料が限りなく低いのに出品者が少なかった

ワオミーの手数料はなんと0円。システム手数料3%がかかりますがこれは実質クレジットカード決済手数料です。ココナラが手数料25%も取られる事を考えると出品側としても手数料を考慮した価格設定をすることなく、ある意味正当な価格で販売できるメリットがありました。

例えばココナラで1万円を確実に儲けたいのであれば、サービス価格は1万4千円以上にしないと手数料を引かれた金額が1万円に満たないです。購入してもらいやすい金額にすると逆に作業内容に応じた報酬額とはなりませんし結構悩ましい部分でもあります。

TVCMで一人勝ちのココナラ

多くの手数料を取った分、TVCM等でユーザーを増やしていったココナラがスキルシェア市場ではリードしています。ランサーズも見積もり依頼ではなくサービスを直接購入できるストアがありますが、やはりこちらもココナラの人気にはまだ敵わない様子。というかストアに依頼したいサービスがあるのにやはり従来どおり提案を待つスタイルが人気です。

ワウマなのかワオミーなのかたまに間違える

実際にあるんですよ、ワウマという似たような名前のサービスが(笑)

今日もこの記事書こうとして間違えました・・・

まだランサーズみたいにメインサイトの一つにしてくれた方が人気が出たかもしれません。ただクラウドワークスはワオミーという別ブランド展開を取るようにしたみたいです。

一時期ココナラで出店規制対象となったジャンルがワオミーでは出店可能だったので一部出品者が移った事もありましたが、今後そういった出品者はどこへ向かうのでしょうか?

またワオミーの出品者が今後ココナラに移動する際、手数料を考慮しないと同じ金額で出品した場合損失が大きくなるので注意が必要です。

手数料が出品者にも購入者にも魅力的なサービスが終了し、手数料が高いサービスは成長を続ける。まあ企業視点で見れば儲かっている方ほど力があるのは当たり前の話です。

この記事を書いている今日もココナラで1件新規依頼をいただきました。この市場はココナラ一人勝ちがしばらく続きそうです。