WordPressのSEO親和性も変わってきている!?

WordPressはSEO親和性が良いとされてますが、Google検索も様々なアップデートで変わっています。

2018年現在でもSEOに有利とした解釈で良いのでしょうか?

試しに当ブログで記事を更新した際と検索流入について調べてみました。

前提条件

まず、Googleウェブマスターツールの設定を終えサイトマップを正常に送信できている状態にします。パーマリンクは投稿に関するキーワードを含めています。ただし以前まではURL文字も検索した際に太文字でしたが現在は違います。Googleの掲載順位アルゴリズムはページランクも見えなくなりましたし、原則Googleが何か言わない限りわからないのが普通です。正直SEOってのは難しいです。

記事更新も翌日も検索エンジンには掲載されない

公開した記事がGoogle検索でどう判断されているかを知るには、該当記事のタイトルやURLを検索すればインデックス状況が分かります。昨日投稿した下記記事ですが、執筆現在の翌日もインデックスされてません。

掲載されるための手法

WordPressならこのプラグインを使う

以前のJetpackは同じ機能がありましたが度重なる更新の中で設定画面から同機能が消えてしまいました・・・

ウェブマスターツールでFetch as Googleを使う

これはそのままですが、Fetch as Googleを使うとほぼ瞬時に対象ページがインデックスされます。

SEO動向を知るのに役立つサイト