仮想通貨情報サイト高速化・Core Web Vitals(コアウェブバイタル)対策事例(49→94)

オリジナルテーマ利用の仮想通貨情報サイト高速化・Core Web Vitals(コアウェブバイタル)対策事例です。WordPress高速化、PageSpeed Insightsモバイルスコア改善、Core Web Vitals対策を実施しました。サイト名は非公開希望のため伏せてあります。

利用テーマ

オリジナルテーマ

利用サーバー
目次

Core Web Vitals(CrUX)評価

CrUXの2021年6月データが公開されていませんが、3つの指標(Largest Contentful Paint、First Input Delay、Cumulative Layout Shift)は全て現状のデータに加えて今回の高速化作業によって全てクリアし良好となります。

PageSpeed Insightsモバイルスコア高速化前後比較

ご依頼いただいたサイトはLighthouse 8を基準としています。

トップページ高速化前

49

トップページ高速化後

94

記事ページ高速化前

52

記事ページ高速化後

93

PageSpeed Insightsスコアが多少低いままでもCore Web Vitals評価は良好となる場合があります。同じテーマでもプラグインの種類、コンテンツの量によってパフォーマンスは大きく異なります。

WebPageTest LTE(12Mbps)シミュレーション高速化前後比較

赤色:高速化前
青色:高速化後

トップページ改善前後比較グラフ

仮想通貨情報サイト高速化・Core Web Vitals(コアウェブバイタル)対策事例

記事・固定ページ改善前後比較グラフ

仮想通貨情報サイト高速化・Core Web Vitals(コアウェブバイタル)対策事例

WebPageTestのLTEシミュレーションは高速化作業完了時を基準としたデータです。

利用サーバー:エックスサーバー

今回ご依頼いただいた転職情報サイトはエックスサーバーをご利用されています。WordPressの高速化は上記の通りサーバー変更をせずとも改善する事が可能です。たまに例外もあります。

ご依頼サービスと関連サービスのご案内

WordPressサイトの表示速度、Core Web Vitalsでお悩みならWordPress高速化サービスをご依頼ください。ご紹介のお客様が8割~9割と実績に自信があります。

WordPress高速化と同時にサイトの定期的なバックアップ、プラグイン、テーマ更新等をご依頼される方も多くいらっしゃいます。日本では最も高頻度のバックアップを提供している保守管理サービスもぜひご依頼ください。

仮想通貨情報サイト高速化・Core Web Vitals(コアウェブバイタル)対策事例(49→94)

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
WordPress高速化

\ 大人気で毎月対応枠売り切れ続出中、お早めに! /

目次
閉じる