WordPress保守管理オートプラン提供内容変更のご案内(2020年12月から適用)

WordPress保守管理オートプラン概要

WordPress保守管理オートプラン

WordPress保守管理オートプランは日本のWordPress保守管理サービスとしては最も安い価格帯で1サイト1,980円(税別)で世界中の保守管理業者が使用するシステムの1つを採用した自動化ソリューションです。

提供内容変更の中身(メジャーリリースを自動更新から除外)

WordPressは既にマイナーリリース更新については自動で実施される設計になってますが、メジャーリリース更新はリリース直後に行うとご利用中のテーマやプラグインが未対応である事が多く更新するとかえって不具合を発生させてしまう懸念がございます。

オートプランでは毎週1回に自動で更新作業が実施されるので、この頻度でコアのメジャーリリースを更新してしまうと上記の通りリリース直後に限った場合にエラーとなる可能性があるためこのリスク低減策として今回変更を実施する運びとなりました。

参考:WordPressリリース一覧

変更時期

2020年12月以降のお申込み

既にご契約中のお客様サイトに対する対応について

保守管理でエラーになっては本末転倒なので既存のお客様についても同一の対応といたします。ただしメジャーリリース更新を強くご希望される場合は状況を踏まえて個別に対応させていただきます。

より確実な保守管理はスタンダードプラン以上がおすすめです

スタンダードプランであればメジャーリリースの更新対応もしっかり含まれますし、何よりマルウェア駆除もご契約期間中は一切別途料金なく対応しています。最も保守管理をしているとマルウェア感染リスクも低くなりますが、感染の心配やシステムの更新を気にすること無くコンテンツ作成に集中したいというお客様には好評です

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!