スポットWordPress保守管理(改ざん検知駆除込)

スポットWordPress保守管理

毎月契約じゃない保守管理という選択

スポットWordPress保守管理は定期的なシステム面の更新、バックアップ、改ざん検知といったサイト環境を適切に維持するために最低限必要な作業をスポット依頼として対応するサービスです。

WordPress保守管理は月々1万円~5万円前後が相場ですが、WordPressを使用しているサイト全てが毎月同程度の費用を支払えるとは限りません。

特に個人サイトや小規模事業者などはウェブ制作を依頼したらそれで終わりという形態が多く、実際にWordPress高速化ではご依頼時点で適切な更新がされていないサイトが目立ちます。

適切な保守管理をしない事でマルウェア感染しサイト訪問者が外部サイトへリダイレクトされてしまう事例や、更新が放置されて脆弱性を抱えたままのサイト運営の事例もあります。

大切なサイトを失う前に、先ずはスポットでお気軽にご依頼ください。

更新が必要な範囲のみを請求する無駄のない料金設定

全サイト一律料金ではなく小規模サイトは安くなるように基本料金(テーマ更新費用は基本料金に含む)と更新が必要なプラグイン数によって費用が変動する料金体系です。例えばご依頼時点で有効化プラグイン数が30個あるサイトで更新が必要なプラグインが10個の場合は、下記表の通りに料金が計算されます。

単価プラグイン10個の場合
基本料金15,000円
更新対象プラグイン料金1,000円10,000円
追加対応費作業開始から完了までの間に更新プラグインが増えた場合は不足分が請求対象となります。

更新作業により生じた更新対象ファイルを原因エラーやデザイン崩れ、バージョン毎の仕様変更に伴う変更箇所の修正は30分が基本料金に含まれます。これ以上の作業時間を要する場合は別途お見積りが必要です。
合計(目安)25,000円
消費税はお見積書・ご請求書に最終金額が記載されます。

お取引の流れ

STEP
お見積り~ご契約

ページ下部のお問い合わせフォームからお見積りをご依頼ください。目安金額をご案内いたします。メールでお返事いたしますので、お見積もり確認後にご依頼される場合はご契約へと続きます。

STEP
マルウェア・改ざん検知駆除及び脆弱性診断の実施

WordPress更新をする前に当サービスが契約している外部のマルウェア・改ざん・脆弱性検知を実施します。万が一改善すべきファイルが見つかった場合には不正書き込み箇所やファイルの削除を実施します。

STEP
サイト複製によるステージング環境の作成

ご共有していただいたWordPress並びにサーバーのログイン情報を元にログインを行い作業前のサイトを同サーバー又は状況に応じて(例えば既に容量圧迫している場合等)弊社で契約するサーバーに同PHPバージョンでサイト複製を実施します。

STEP
ステージング環境で更新・更新後の不具合確認

ステージング環境でWordPressコア、テーマ、プラグインをそれぞれ作業時点での最新版に更新します。更新後はライブ環境(更新前のお客様サイト)とステージング環境を目視確認し更新によって表示に問題がないかの確認を実施します。

  • 更新したプラグイン等の仕様変更により要修正箇所が見つかった場合は追加依頼で対処するか、ご自身で対処されるか(他社へのご発注を含む)をこのタイミングでお選びいただきます。
STEP
ライブ環境のWordPress更新

ステージング環境での操作を参考にライブ環境でも同じく更新を実施します。PHPバージョンアップの必要がある場合は、レンタルサーバーにログインし更新を行います。

スポットWordPress保守管理FAQ

お問い合わせ・お見積り

  • 件名には「スポットWP保守管理 ご依頼サイトURL」と記載してください。
  • 本文にはご依頼時点での更新が必要なプラグイン数、バージョン情報をスクリーンショット等と合わせてご連絡ください。
  • Twitterフォロワーである事を確認できるURLが添えてある場合は5%割引を提供しております。